アイブロウパウダーのみで眉毛メイクを書く方法を解説|パウダーでうまく書けない人のためにプロが紹介

本記事でわかること
  • パウダーのみで眉毛を書くメリット
  • アイブロウパウダーのみの眉毛の書き方
  • パウダーのみで眉毛を書くときによくある悩み

ふんわり眉毛に憧れている人や眉メイクを上達させたい人におすすめなのが、眉毛をパウダーのみで書く方法です。アイブロウパウダーは、眉毛が自然な仕上がりになり、取り扱いも簡単なので非常に便利なアイテムです。

この記事では、眉毛サロンで働いていた私が、パウダーのみで仕上げる眉毛の書き方について解説します。パウダーのみで眉毛を書くメリットやアイブロウパウダーの選び方なども紹介しているので、ぜひ最後までチェックしてください。

アイブロウパウダーのみの眉毛の書き方をマスターしましょう!

本記事の編集者
編集長杉田陸の写真

眉毛サロンナビ編集長

杉田 陸

眉毛サロンに定期的に通っています。これまで15ブランド以上の眉毛サロンで施術を受けた経験あり。アイブロウデザイン学・ワキシング学講座受講。『JEBLA眉スタイリング学検定』試験。そのため、眉毛サロンを選ぶときのポイントや人気サロンの特徴などを熟知しております。読者に眉毛サロンの素晴らしさをお伝えできるように記事を作成します。
HPX(Twitter)FacebookLinkedIn

yayoiの画像

眉毛サロンナビ執筆者

Yayoi

大手眉毛サロンに2年勤務していた経歴をもとに読者に寄り添った記事を作成します。
また下記の美容関連の資格を保持しています。
美容師免許
ネイリスト技能検定3級
色彩検定3級
色彩技能パーソナルカラー検定モジュール級

目次

アイブロウパウダーのみで眉毛を書くメリット

眉毛をアイブロウパウダーのみで書くメリットは以下の通りです。

アイブロウパウダーのみで眉毛を書く方法には嬉しいメリットが豊富にあるので、詳しくみていきましょう。

メイク初心者でも簡単に眉毛を書ける

アイブロウパウダーのみで眉メイクをする最大のメリットは、メイク初心者でも簡単に眉毛を書けることです。パウダーをつけたブラシを眉毛の上で動かすだけ、という簡単な動作のみで眉メイクが完成するので、高度な技術は必要ありません。

眉毛はパウダーだけでメイクをしても十分綺麗に仕上がります。パウダーのみに慣れてきたら、他のアイテムを追加してみても良いでしょう。

眉メイクが苦手な人こそ、
パウダーのみで眉毛を書く方法はおすすめです!

ふんわりナチュラルな眉毛に仕上がる

アイブロウパウダーのみで眉メイクをすると、ふんわりナチュラルな眉毛に仕上がります。実は、この「ふんわりナチュラルな眉毛」は、自眉を活かせる形なので流行に左右されません。常に人気があり、ふんわりとしたナチュラルな眉毛に憧れる人はかなり多いです。

作り込み過ぎないことが重要なので、パウダーのみで眉毛を書く方法と相性が良いのも嬉しいポイントです。

優しい印象を与えられる特徴もあります。

メイクの時短になる

アイブロウパウダーのみで眉毛を書くと、メイクの時短になります。眉メイクアイテムを全て使ってメイクをすると、さまざまな種類のアイテムを揃える必要があります。その分工程も増え、メイクにあてる時間をさらに確保しなければならないので、面倒に感じるかもしれません。

眉メイクで使うパウダー以外のアイテムには、アイブロウペンシル、眉マスカラなどあります。アイブロウパウダーのみの眉メイクなら、アイテムを揃える手間も時間も必要なくなります。

【実践】パウダーのみで仕上げる眉毛の書き方

元眉毛サロンのスタッフが、眉毛をアイブロウパウダーのみで仕上げる書き方を実践しました。

基本的には、ブラシに取ったパウダーを眉毛に乗せるだけの動作です。とても簡単なので、ぜひ参考にしてください。

スクリューブラシで毛流れを整える

スクリューブラシで毛流れを整える

パウダーを眉毛に付ける前に、スクリューブラシで毛流れを整えましょう。眉メイク前に毛流れを整えることで、メイクがしやすくなります。

また、毛穴に詰まったファンデーションや肌の油分を除去してくれるので、パウダーのノリが良くなる効果が期待できます

ブラシにパウダーをとる

パウダーの濃さに合わせた使い分け

続いて、ブラシにパウダーをとります。今回は3色あるパレットタイプのパウダーを使用します。

色の使い分けですが、明るい色は眉頭、中間は眉山、暗い色は眉尻につけるのがポイントです。この色分け通りにつけると、自然なグラデーションが完成します。それぞれの色を混ぜて色味を調節してみても良いでしょう。

眉山から眉尻にパウダーをのせる

眉山から眉尻にパウダーをのせる

まずは、眉山から眉尻にパウダーをのせます。ここでは先端が細めで少し角があるブラシを使用してください。そうすることで、眉尻の形が綺麗に整います。眉山にブラシをおいてから、眉尻に向かってサッサッと動かします。

眉尻は多少濃くなっても問題ないので、色味やパウダーの量は調節しながら重ねてください。

眉頭にはふんわり色をのせる

眉頭にはふんわり色をのせる

眉頭にもパウダーをのせていきますが、ふんわりと仕上げるのがポイントです。眉尻よりも眉頭が濃かったり輪郭がハッキリしていると、不自然な眉毛になります。

はじめにブラシをのせた箇所が濃くなりやすいので、まずは眉山にブラシをおいてから眉頭に移動させます。1〜2回ほどサッと往復する程度で十分です。

スクリューブラシで眉毛の輪郭を調節する

スクリューブラシで眉毛の輪郭を調節する

最後に、スクリューブラシで眉毛の輪郭を調節します。特に眉尻あたりは、眉毛の輪郭がぼやけやすい箇所です。眉山から眉尻にかけての上下ラインをスクリューブラシで調節します。

眉尻をシュッとした鋭利な形に削るように、スクリューブラシを動かすのがポイントです。やり過ぎると眉尻がなくなってしまうので注意しましょう。

パウダーのみの眉メイク完成

yayoi眉パウダーメイク完成

アイブロウパウダーの選び方

アイブロウパウダーは以下のポイントを踏まえて選ぶのがおすすめです。

アイブロウパウダーの選び方
  • 使いやすさ
  • 色の好み

アイブロウパウダーは主に3種類あり、パレットタイプ、デュアルタイプ、チップタイプに分けられます。

パレットタイプは2〜3色がセットになっており、ブラシを使って眉毛を書くのが一般的です。カラーバリエーションが豊富で、色味によってはノーズシャドウとしても使用できます。

デュアルタイプはペンシル型ですが、パウダーやペンシル、ブラシなどが1本にまとまっています。持ち運びが便利で、1本で2〜3役を担ってくれる優れものです。

チップタイプはマスカラのような形をしており、容器から出すと先端のチップにパウダーがついてきます。量が調節しやすくお肌にしっかり密着するのが特徴です。

自分の好みや使いやすさに合わせて選んでくださいね♪

パウダーのみで眉毛を書くときによくある悩み

眉毛をパウダーのみで書くときによくあるお悩みを集めてみました。

パウダーのみの眉メイクは簡単な動作が多いからこそ、形や濃さの微調節に悩む人が多いです。以下を参考にして、お悩みを解消しましょう。

アイブロウパウダーだけだと形を上手く書けない

パウダーだけだと形を上手く書けない場合は、パウダーをのせる前にアイブロウペンシルで眉毛の輪郭を書いておきましょう。あくまでも形を綺麗に書くための下書きなので、ペンシルは力を入れずにうっすらと書くのがポイントです。

それでも眉尻のあたりは輪郭がぼやけてしまう場合があります。その際は、スクリューブラシで輪郭を調節した後に、コンシーラーをつけましょう。眉毛と肌の境目ができるので、形にメリハリが出ます。

アイブロウパウダーだけで書いているのに濃くなってしまう

パウダーだけで書いているのに眉毛が濃くなってしまうときは、パウダーをのせたブラシを肌につける前のひと工夫で解消できます。

ブラシにパウダーをつけたら、そのまま眉毛を書き始めるのではなく、一度ティッシュの上でポンポンッと余分な粉を落としてください。ブラシは、はじめに触れた箇所が最も濃くなりやすいので、このわずかな動作でパウダーの濃くなり過ぎを防げます。

汚れが蓄積している場合もあるので、
定期的にブラシを洗うことも重要です。

アイブロウパウダーのみだとすぐに落ちてしまう

眉メイク後にパウダーがすぐに落ちてしまう場合は、メイク前に肌の油分を除去しておきましょう。スクリューブラシで毛穴に詰まったファンデーションなどの油分を除去したり、メイク前に汗などをティッシュオフしたりする方法が主流です。

メイク後にできる対策としては、コーティング剤を仕上げに使うのがおすすめです。コーティング剤は眉メイクを落ちにくくしてくれるので、汗をかきやすい夏場やスポーツジムなどで運動をする人にも役立ちます。

眉毛をパウダーのみで仕上げる書き方まとめ

今回は、アイブロウパウダーのみで眉毛を仕上げる書き方について解説しました。

パウダーのみで眉毛を書けるようになると、眉メイクが苦手でも簡単にふんわり眉毛に仕上げることができ、メイクの時短が叶います。自分の好みや気分によって、パウダーの種類や色味の違いを楽しめるのも嬉しいですよね。

眉毛の上でパウダーをつけたブラシを動かすだけ、というシンプルな書き方なので眉メイクが初めての人でも気軽に挑戦しやすいです。ぜひ、この記事を参考にして、パウダーのみで眉毛を仕上げる書き方をマスターしてください。

※本記事は眉毛サロンナビと提携する企業のPR情報が含まれます。
※眉毛サロンへの予約はご自身でホームページを確認し判断いただけますようお願いします。
※本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
※広告掲載に関する詳しい内容は「広告掲載ポリシー」をご覧ください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

眉毛サロンに定期的に通っています。これまで15ブランド以上の眉毛サロンで施術を受けた経験あり。アイブロウデザイン学・ワキシング学講座受講。『JEBLA眉スタイリング学検定』試験合格。そのため、眉毛サロンを選ぶときのポイントや人気サロンの特徴などを熟知しております。読者に眉毛サロンの素晴らしさをお伝えできるように記事を作成します。

目次