男が眉毛を書くのは気持ち悪い?書き方やメリット・デメリットを解説

「眉毛を書きたいけど恥ずかしい」と眉毛メイクに踏み切れない男性は多くいます。ただ、友達の目や異性の目を気にする必要はまったくありません。

なぜなら、最近ではメンズメイクをしている方が増えていたり、男性のメイクを肯定的に思う女性が増えたりと眉毛メイクをしやすい時代になっているからです。

本記事ではもっと具体的に「男が眉毛を書くのは気持ち悪くない」と理由を解説します。記事の後半では、メンズ眉メイクのポイントも紹介しているのでぜひ参考にしてみてください。

目次

男が眉毛を書くのは気持ち悪い?

男性が眉毛を書くことは気持ち悪いことではないです。しかし、男性自身が「気持ち悪いと思われそう」と不安に感じる方もいるかもしれません。

ここからは、男性が眉毛を書くことへの客観的な視点を見てみましょう。

メンズメイクに興味を持っている若者は多い

今や男性がスキンケアやメイクをすることも、当たり前の時代です。

実際に、16歳から39歳の男女を対象にしたメンズメイクに関するアンケート調査でもこんな結果が出ています。

メイクへの関心度は「16歳〜18歳」が最も強く、「とても興味(関心)がある」「やや興味(関心)がある」の割合は女性で45.4%、男性で39.3%というデータです。

女性の比率と大差のない結果であり、メンズメイク市場の需要は年々高まっていることが分かります。

コスメショップでも、メンズメイクのスペースが増えてきていますね。

参考:「メンズメイクに関する調査」

女性の7割が男性のメイクに対して肯定的

では、男性がメイクをすることに、女性がどんな印象を持っているのでしょうか。

20代から54歳の女性326人を対象にしたメンズメイクに対する意見を調査をしたアンケートデータがあります。

結果は、74.5%の女性が、男性がメイクをすることに対して肯定的な意見を持っているということでした。

具体的には、「身なりに気を使っていると思う」「おしゃれだと思う」「流行に敏感だと思う」という理由が多く上がっており、女性も男性メイクを受け入れていることがこの結果から分かりますね。

参考:女性の5人に1人が「周囲にメイクした男性がいる」と回答

眉メイクは約68%の女性が「あり」と回答

では、男性が眉毛を書くことに対して女性はどう捉えているのでしょうか。

こちらも、女性を対象としたアンケート結果を用いて解説します。

今回は、一般女性500名を対象に、「メンズメイクはどこまでOKか?」という内容です。

ベースメイクはもちろん、ニキビやシミなどを隠すためのコンシーラーの使用も、「あり」と答える女性がそれぞれ80%を超える結果となりました。

さらに、眉メイクにはなんと82%の女性が「むしろして欲しい」「あり」と回答しています。

男性の眉メイクは、女性にも受け入れられているようですね。

参考:女性500人を対象とした「メンズメイクはどこまでOK?」調査実施

男性が眉毛を書くメリット

メイクをする男性が増えていることや、女性も男性がメイクをすることに肯定的であるということが分かってきました。

では、男性が眉毛を書くメリットはどこにあるのかを解説します。

清潔感が出る

ずばり、眉毛を整えるメリットは清潔感が出ることです。

株式会社IBJが20〜40代の未婚女性447人に取った調査によると、「約4名に3名の女性が初対面時に男性の清潔感をチェックしている」という結果が出ています。

どれだけ男性に魅力的な条件があったとしても清潔感がなければ、それだけで嫌われてしまう可能性が高くなってしまうということですね。

また、清潔感のある男性は、ビジネスの場でも同僚や取引先から信頼されることでしょう。

参考:女性の99.1%が男性の「清潔感」を重視して「交際ができるかどうか」判断していると回答

男らしさを印象にできる

眉毛は顔の印象の8割を占めるといわれています。眉毛1つでかっこよくもなれるし、イマイチにもなれてしまうということですね。

男らしい眉とは、眉山から眉尻にかけて角度がついた眉毛で、眉全体の形がくっきりとしていることが特徴です。

それにより、目や鼻などの各パーツがはっきりして男らしい印象を与えることができるでしょう。

おしゃれになる

過度に荒れた眉毛は、垢抜けていない感じや老けた印象を与えかねません。

垢抜けて自分の印象を変えたい、モテたい、と懇願する男性にとっておしゃれは必要不可欠と言えます。

眉毛を書いて整えることは、清潔感や男性らしさのほかに、より洗練されたおしゃれさを演出することができるでしょう。

男性が眉毛を書くデメリットはあるのか?

ここまで、男性が眉毛を書くメリットを解説してきましたが、メイクに慣れていない男性にとっては眉毛を書くデメリットもあるようです。

実際に眉毛を書いている男性からはこんな意見も上がっています。

  • 「毎朝、眉毛を書くことが大変」
  • 「汗や水で流れ落ちる」
  • クレンジングが面倒くさい

今までメイクをする習慣がなかった男性にとっては、毎朝メイクを続けるのは意外と大変ですよね。

また、比較的男性の方が女性よりも代謝がよいため、汗をかくとどうしても崩れてしまいやすいというのも悩みどころなことが分かりました。

男性が眉毛を書くとき何に気を付けるべき?

「どう眉毛を書くのが正解なのか分からない」と悩む男性もいますよね。ではここからは、男性が眉毛を書くときに気を付けるべきことを解説します。

女性の眉毛は、メイクとして形を綺麗に見せるために書いていきますが、男性は元からある眉毛を整えるための身だしなみとして捉えられるといいでしょう。

まずは、今の自分の眉毛の形や、太さをじっくり観察し、知ることが大切です。次に、あなたに似合う眉毛や、なりたい眉毛の形を考えてみてくださいね。

綺麗に眉毛を書くために、あなたに合った色のアイテムを揃えましょう。ここからは、実際に眉アイテムを使用して具体的な書き方をご紹介します。

男性の眉毛メイクの書き方

はじめのうちは、メイクとして綺麗に書こうとするよりかは、毛が生え揃っていないところや部分的に薄くなっているところに眉毛を書き足していくイメージを持つといいでしょう。

①アイブロウペンシルを使う

アイブロウペンシルとは、文字通りペンの形をした眉に色を書き足せるアイテムです。眉毛の部分的な隙間を埋めたり、眉毛の輪郭のラインを書くときに使います。アイブロウペンシルは、瞳の色や髪の色に合わせた色選びがポイントです。

例えば、瞳の色がブラウン系なら黄色系のライトブラウン、瞳の色が黒系であればグレーやアッシュ系、赤系ブラウンの色を選ぶとよいでしょう。

アイブロウペンシルを使って眉毛を書くときには、毛を一本一本書き足すことがポイントです。そうすることで自然かつ美しい眉毛に仕上がります。

②アイブロウパウダーを使う

次に使用したいのが、アイブロウパウダーです。

アイブロウパウダーとは、パウダー状のアイブロウのことで、よりナチュラルな雰囲気に仕上げたい方にマッチしたアイテムになります。

眉毛の上のパウダーを軽く乗せるようにして色を足したり、眉尻に書き足したりすることでより優しい印象を作ることができるでしょう。

アイブロウパウダーの良さは、「ペンシルだと力が入りすぎてつい眉毛が太くなってしまう」とお悩みの方にもおすすめなので、初心者さんが使いやすいところです。

男性の眉毛メイクはバレる?

「眉毛を書いてみたいけど、まだ少し恥ずかしい気もする」と感じている男性もいるでしょう。では、不自然にならず、書いていることがバレない方法を紹介します。

ポイントは、自然な眉毛にすることです。

元々生えている自眉の形を活かしながら、産毛の処理をしたり、アイブロウペンシルやアイブロウパウダーを使って隙間を埋めたりすることで自然さを表現することができます。

自分で眉毛を整えたり書いたりするのが苦手ならプロに相談しよう!

メイクに慣れていない男性にとって、眉毛を書くのは至難の業でしょう。眉毛の書き方を学べる機会があったら嬉しいですよね。

今では男性専用の眉毛サロンも多く、男性が眉毛をプロに整えてもらうことも当たり前の時代になってきました。「自分に合う眉毛の形やなりたい理想の形がよく分からない」という方は、一度プロに相談してみるといいでしょう。

きっとあなたに合う理想の眉毛の形や書き方を教えてくれるはずです。

男性が眉毛を書くのは気持ち悪くない!

ここまで、眉毛を書くメリットやデメリット、書くときに気を付けることを解説してきました。男性が眉毛を書くのは、全く気持ち悪いことではありません。

むしろ、ご自身の身だしなみを整え、おしゃれになっていく男性はとても魅力的です。見た目が変わると、さらに自信がつき、理想の人生を送る第一歩となるでしょう。

整え方や書き方のお悩みを解決するためにも、プロに相談することが一番の近道かもしれませんね。

※本記事は眉毛サロンナビと提携する企業のPR情報が含まれます。
※眉毛サロンへの予約はご自身でホームページを確認し判断いただけますようお願いします。
※本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
※広告掲載に関する詳しい内容は「広告掲載ポリシー」をご覧ください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

会社員兼Webライターをしている春乃です。眉毛サロンには定期的に通っており、その経験を元に情報を発信しています。

目次