眉毛を剃りすぎたときの対処方法|生えるまでどのくらいかかるのかを解説

眉毛を剃りすぎたときの対処方法
本記事でわかること
  • 眉毛を剃りすぎた時の対処方法
  • 眉毛が生えるまでの期間
  • 眉毛の剃りすぎを繰り返さないための方法

眉毛の自己処理をしていて「剃りすぎた、どうすればいいの?」「すぐ生えてくる?」とショックを受けた経験のある方は多いでしょう。これから毎日どうすればよいのか不安になりますよね。

この記事では、眉毛を剃りすぎた時の対処方法や、生えるまでどのくらいかかるかを解説します。また、眉毛を早く伸ばす方法はあるのか、剃りすぎを繰り返さない方法も紹介しています。

眉毛を剃りすぎて困っている方、よく剃りすぎを繰り返す方はぜひ参考にしてください。

すぐに実行できそうな対処方法を紹介しています!

目次

眉毛を剃りすぎた!生えるまでどのくらいかかる?

剃りすぎた眉毛が生えるまでには3週間程度かかると考えておきましょう。

眉毛は毛周期が短いため、頭髪のように長くならずに成長が止まり抜け落ちてしまいます。成長スピードも頭髪に比べて遅く1週間で約1mm伸びると言われており、1か月で約4.2mm伸びることになります。伸びるスピードは遅くても生え変わる周期は短いので、頑張って3週間程度待てば生えてくるでしょう。

ただし、これは眉毛をシェービング、つまり剃ってしまって毛包が傷付かずに残っている場合です。毛包ごと眉毛を抜いてしまった場合や毛包が傷ついた場合はさらに日数が必要になりますね。

伸びる速さには個人差もあることを覚えておきましょう。

眉毛を剃りすぎたときの対処方法

では、眉毛を剃りすぎた、間違って剃ってしまったという時にはどうすればよいのでしょうか。その対処法を3つ紹介します。

  • アイブロウメイクを使って書き足す
  • 前髪を下ろして隠す
  • 眉ティントを使う
  • 眉毛サロンに相談する

生えてくるまでの数週間、この方法を参考にして対処しましょう。

アイブロウメイクを使って書き足す

最も手軽にできる方法はアイブロウペンシルやアイブロウパウダーを使って、眉毛を書き足す方法です。

アイブロウペンシルは鉛筆の芯のようなタイプや筆のタイプとさまざまあります。眉毛を一本一本書き足すようにして使います。剃り落とした範囲が狭い時や、毛流れを作りたいときにはおすすめですね。

また、アイブロウパウダーは広範囲に書き足したいときに使用します。2色や3色になったタイプが多いので、中央部分を濃く、眉頭と眉尻を薄く描くと自然に見えます。

すぐに取れては意味がないので、できればウォータープルーフや落ちにくいと書かれているアイブロウメイクを使用しましょう。取れることが心配、毎朝大変という方には、数日間取れない眉ティントもあります。

眉ティントは失敗すれば数日間消えないので、失敗しない自信のある方にはおすすめですね。

前髪を下ろして隠す

前髪が長めであれば前髪を下ろして眉毛を隠せます。

前髪の生え癖でぱっくりと割れてしまう方は、割れないように根元からしっかりとドライヤーで形を作りましょう。もし、隠したい部分が片方の眉尻の場合なら、隠したい方に前髪を流すようにすれば前髪をすべて降ろさずに隠せますね。

最近は前髪専用のヘアコスメも出ており、おでこに塗って前髪を固定するコスメまであります。長ささえあれば工夫次第で眉毛を隠せそうですね。ただし、隠そうとして下ろしすぎると暗いイメージになってしまうので、あくまでも自分に似合うヘアスタイルにしましょう。

眉ティントを使う

眉毛を剃りすぎてしまった場合には、眉ティントを使用してカバーしましょう。

眉ティントは、眉毛のデザインに合わせて液体を塗ることで、色を定着させるアイブロウメイク法の1つです。皮膚の角質層に色が定着するため、汗や摩擦にも耐性があります。

また、肌のターンオーバーにより色も次第に抜けてくるので、手軽に使用できるのも強みです。眉ティントの継続期間は、およそ数日~1週間程度であり、次第に色が薄くなっていきます。

色を定着させてしまえば、毎回剃りすぎた眉毛に描き足す必要がないため、メイクが面倒に感じている方におすすめの方法です。

色が定着すると、しばらく色が落ちないので、慎重に塗るようにしましょう。

眉毛サロンに相談する

本当に困ったら眉毛のプロである眉毛サロンに相談しましょう。

自分では無理と思っていても修正をしてくれたり、修正不可能な場合でも的確なアドバイスをしてくれたりします。自分で修正できると思い触っているうちに、どんどん眉毛が細くなっていったり、左右のバランスがおかしくなっていったしてり泥沼にはまることも少なくありません。

そうなる前に眉毛のプロである眉毛サロンに相談しましょう。

眉サロンなら、修正不可能な場合でも眉メイクを教えてくれたりしますよ。

>>近くの眉毛サロンを探す

前髪で眉毛を隠せない場合の対処方法

前髪で眉毛を隠せない場合の対処方法では、帽子やメガネを活用するとよいでしょう。帽子やメガネを活用すると、失敗した眉毛が隠れるので、自然にごまかすことができます。

帽子でごまかす方法では、ベースボールキャップやニット帽を深くかぶると、眉毛をほとんど隠せます。また、メガネを使用して眉毛を隠す際は、フレームが太いタイプのメガネを選ぶようにしましょう。

フレームが細いと、メガネをせっかくかけても、眉毛を隠せていない可能性もあるので注意が必要です。帽子やメガネを活用した方法は、どなたでも手軽に試せるので、ぜひ活用してください。

失敗したら次の日からしっかりと伸ばした方がよい!

眉毛剃りに失敗したらショックは大きいと思いますが、気を取り直してとにかく伸ばしましょう。

これまでは、眉毛を剃りすぎた時の応急処置を紹介してきましたが、落ち込んでいても急に眉毛が伸びるわけではありません。失敗眉毛も伸びれば修正可能になります。それまでは、上で紹介した対処方法の中から自分に合った方法を実行してください。

眉隠しを楽しむくらいのポジティブな気持ちで、とにかく伸ばしましょう。

眉毛を剃りすぎたときの注意点

万が一、眉毛を剃りすぎてしまっても、もう一方の眉毛を剃りすぎた方に合わせることはやめましょう。

素人が鏡を見て合わせようとしても無理があります。たいていは、合わせていくうちに、ますます両方の眉毛が細くなっていきます。そして気が付いた時には、驚くほど細くなってしまったということになりかねません。

剃りすぎたと思った際はプロの眉サロンに相談するか、伸びるのを待ちましょう。

伸びるのを待つ間は、上で紹介したようにアイブロウメイクや前髪で対処してくださいね。

眉毛の剃りすぎを繰り返さないための方法

一度眉毛を剃りすぎてしまってショックを受け「もう二度と失敗しない」と決心したにもかかわらず、何度も眉毛を剃りすぎてしまうことがあります。

剃りすぎを繰り返さない方法を2つ紹介するので、よく剃りすぎてしまう方はぜひ参考にしてください。


一度眉毛サロンに行って自己処理の方法を教えてもらう

眉毛のプロである眉毛サロンに行って、自分で眉を整える方法を教えてもらう方法が一番おすすめです。

ひと口に眉毛の自己処理と言っても、毛抜きで抜く、シェーバーで剃る、眉ばさみでカットするといったさまざまな行為が必要になります。また眉の形も、眉頭から眉尻までの長さ、眉毛の幅、眉頭の位置、カーブの強さなど要素がたくさんあります。

眉サロンでは自分に似合う眉毛の形はもちろん、自己処理の方法や眉メイクの方法も教えてもらえます。初回はお得な料金設定のサロンが多いので、一度眉毛サロンに行ってみましょう。


細かく調整しながら手入れしていく

「さあ、眉毛の処理をするぞ」と意気込んで一気に剃るのはやめましょう。

手入れをするときはまず次の事をしましょう。

  • なりたい眉毛の形を決める
  • 毛流れを整える
  • なりたい眉の形にアイブロウでメイクする

そして、はみ出た部分を少しずつ剃ったりカットしたりしてください。

左右のバランスを見ながら細かく調整していきましょう。

ペンシルなどを使って事前に形を決めておく

眉毛の剃りすぎによる失敗を繰り返さないためには、ペンシルなどを使って事前に形を決めておくとよいでしょう。

ペンシルを使用して、あらかじめ「眉頭」・「眉山」・「眉尻」の位置を決めておくと、剃りすぎによる失敗も抑えられます。眉毛の剃りすぎによる失敗の多くは、ペンシルでデザインを決めずに、いきなり剃り始めてしまうケースです。

ペンシルで下書きをしておくと、必要以上に剃りすぎてしまうこともなくなるので、希望のデザインに仕上げられやすくなります。

高校生が眉毛を剃りすぎたらバレる?

目元に位置している眉毛は、デザインが大きく変わるほどに剃りすぎてしまうと、バレやすいので注意しましょう。

眉毛はデザインが少し変化するだけでも、大きく印象を変えることができる顔のパーツです。そのため、眉毛を剃りすぎてしまうと、見た目の印象も大きく変わるので、周囲にバレてしまう可能性も高くなります。

もし、眉毛を剃りすぎてしまった場合は、学校では帽子をかぶることができないので、前髪を下すのがおすすめです。校則で眉毛を剃る行為が禁止の学校では、剃りすぎによる失敗を抑えるためにも、プロの方にお任せして自然に整えてもらいましょう。

眉毛を剃りすぎて悩んでいる人からよくある質問

ここでは、眉毛を剃りすぎて悩んでいる人からよくある質問に対して答えていきます。

剃りすぎで悩む方は参考にしてください。


眉毛を早く伸ばす方法はある?

残念ながら眉毛が劇的に早く伸びる方法はありませんが、眉毛の成長を促すケアをすれば少しは早く伸びるでしょう。

  1. 眉毛専用美容液や育毛剤を塗る(保湿成分や血行促進成分が効果的)
  2. マッサージ(血行促進作用で発毛を促す)
  3. 食事に気を付ける(タンパク質、ビタミン、亜鉛がおすすめ)
  4. クレンジングを丁寧にする(毛穴の汚れは発毛の妨げになる)

以上が少しでも眉毛を早く伸ばす方法ですが、毛周期を正常に働かせるためには、栄養バランスのとれた食事と規則正しい生活がいちばん大切でしょう。

小さなことからコツコツ努力しましょう。


眉毛の伸びるスピードはなぜ違う?

伸びるスピードが異なる原因は主に2つ考えられます。

まず、毛周期の違いです。人の毛は成長期・退行期・休止期を繰り返し生え変わり、眉毛全体の中で成長期(新しい元気な毛が伸びる時期)にある毛は約2割と言われています。ひとつの毛穴から1本の眉毛が生えていますが、毛穴により毛周期が異なるため伸びるスピードが違うように感じるのでしょう。

もうひとつの原因はホルモンバランスの乱れです。栄養の偏り、不規則な生活、ストレスなどによりホルモンバランスを崩すことで毛周期が変化してしまいます。

参考:眉毛サロンに通う頻度・間隔は?


中学生や高校生が学校で剃りすぎがバレないためには?

濃いメイクができない中高生が学校で剃りすぎがバレない方法を3つ紹介します。

  • 前髪を下ろして隠す→上記の「前髪を下ろして隠す」を参考にしてください。
  • 眼鏡をかけてフレームで隠す→普段かけていない方は購入しなくてはいけませんが、一時的なので安価なメガネで大丈夫です。眼鏡のフレームは太めの方が隠れやすいでしょう。
  • 薄くアイブロウメイクをする→上記の「アイブロウメイクを使って書き足す」を参考にしてください。ただし、メイクは薄めにしてメイク自体が規則に反しないようにしましょう。

いずれにせよ学校の規則に反しない程度にしてくださいね。

眉毛を剃りすぎたときの対処方法まとめ

眉毛を剃りすぎたときの対処方法について解説しました。

通常であれば3週間程度で眉毛が生えてくるので、伸びるまで我慢して待ちましょう。そして待っている間は、アイブロウメイクで眉毛を書き足したり、前髪で隠すなどの方法で対処してください。どうしても対処できないと思う場合は眉毛サロンに相談に行くと良いでしょう。

顔の印象を決定する大事な眉毛を剃りすぎたりして自己処理がうまくいかないと悩む方は、一度眉毛サロンにいくことをおすすめします。

※本記事は眉毛サロンナビと提携する企業のPR情報が含まれます。
※眉毛サロンへの予約はご自身でホームページを確認し判断いただけますようお願いします。
※本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
※広告掲載に関する詳しい内容は「広告掲載ポリシー」をご覧ください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

目次